続木和子 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座

実践者たちの感想文紹介

「先生、奇跡が起きました!」 Yさん 主婦40代/愛知県

販売ページに掲載されている実践者たちの感想文を要約してご紹介します

 

 市の子宮ガン検診で子宮筋腫が見つかりました。1年半前までは大丈夫だったのに、11.5センチ×11.5センチの大きさになっていましたので手術するしかないとあきらめかけていました。
そんなとき、ネットで続木先生の教材を知り、早速購入し内容を読み、今回の子宮筋腫が出来た原因を理解することができたのです。

 

 一つは食生活が良くなかったということです。それと便秘対策としてセンナを飲んでいましたが、その便秘薬は捨て、続木先生の示された食材を積極的に取り入れた食事に切り換えていきました。

 

 そうしますと、便秘の症状がなくなり、生理の際のレバー状の塊が出なくなり、さらさらしたものに変わり、量も大分少なくなりました。そして続木先生ご指導の食事を始めてから生理がちゃんと28日周期に戻って安定しています。廻りの友人からも「肌がきれいになった」とか「顔色が良くなった」などと言われ、自分の身体の調子が良くなってきていることを感じます。これはとりもなおさずホルモンバランスが良くなったからだと思います。
その後MRIの検査を受けたところ、11.5×11.5センチだった子宮筋腫が3カ月で10×7センチまで小さくなったのです。しかも筋腫だけで卵巣は大丈夫だったのです。

 

 ドクターに食事を変えたところ生理が楽になったと伝えましたが、ドクターの回答は「自然療法で筋腫が小さくなることはない。早く手術をしたほうが楽になる」と続木先生の食事療法を否定されました。しかし、自分としてはもう少し今の食事療法を続けて様子を見たいとドクターに意思を伝えました。

「子宮筋腫がなおるわけがない」と思っていました Tさん 47歳 会社社長

 生理痛以上に生理前、生理中の排便・排尿に痛みがでてきました。病院で診てもらいますと子宮筋腫がソフトボールくらいに大きくなっていて、排便排尿に支障があれば手術で切除を勧められました。

 

 そんなときに続木先生のプログラムを知り、手術しないですむのなら試してみようと購入し実践したところ、排尿排便の際の痛みがなくなり、1年ほど経ってから検診に行くと子宮筋腫は手術で取るほど大きくはないと言われました。

 

 食生活を変えることで他にも10kg減のダイエットにもなりました。続木先生ありがとうございました。

「生理痛が軽くなり、効果が目に見える」 Sさん 30代 事務職

 普段の食生活はご飯が食べられなかったり、食欲がないときはサプリで補っていました。先日5日くらいで終わる生理が終わらず、12日目でトイレで多量出血があり心配になりました。

 

 病院での検査で小さい子宮筋腫が見つかり、卵巣子宮内膜症が疑われました。子宮筋腫があると妊娠しにくいと聞いていたこともあり、自分は30代で結婚して出産経験がなく気持が焦りました。

 

 そんなとき、以前から知っていた続木先生の子宮筋腫改善講座に取り組み、食事の大切さが理解できました。プログラムを継続してみた結果、生理痛が軽くなり、自然なお通じになっています。食生活を変えてから肌がつやつやしてきました。

 

 続木先生の言葉にある「頑張ろうとしないで、自分がしたいと思う範囲ですればいい」という言葉に救われています。

「鎮痛剤も効かないほどの痛みが・・・」 Yさん  40代主婦 栃木県

 身体の変調を自覚したときにはこぶし大の筋腫が三個できていて、仕事中の息切れ、立ちくらみ、生理痛1日3回、腰から腹、足の付け根まで痛くなる辛い痛みが毎月という状態でした。

 

 そのため長年勤めた会社を退職し、長い人生のために休養をとり、子宮筋腫改善に取り組むました。病院を何件か訪ねましたが「痛み止めを出しますので様子を見てみましょう」という答えだけです。

 

 そんなとき続木先生の「子宮筋腫改善・通信講座」に出会いました。最初は半信半疑でしたが、これまでの自分の生活習慣・環境でここまで筋腫を大きくしてしまったと認識しました。

 

 レッスン開始してから18日目に生理が来たときは、出血量が約半分、生理痛は鎮痛剤を一日一回飲めば過ごせるまで改善しました。

 

 しかし二回目の生理の際は、生理痛はかなり軽いものになり、出血量も普通サイズのナプキンで済むようになりました。それと合わせて毎日のお通じがすばらしく良くなり体調がすっかり良くなりました。

 

子宮摘出手術を勧められた Kさん 40代  ホルモンバランス研究所職員

 家族の心配事で精神的ストレスからホルモンバランスが崩れ、無気力、頭痛肩こり、腰痛に悩まされるようになりました。

 

 病院からは、「手術かホルモン療法しかない」と言われました。ホルモンバランス教室に電話をかけ「14日間・子宮筋腫改善プログラム」を実行したところ、すぐに改善効果があらわれました。

 

 半年が過ぎたころ、「小さな腫瘍は全部消えて、大きい筋腫も4pくらいになっているので、手術の必要はありません」と病院のお医者さんから言われました。

 

 「少し食事の改善をするだけで、子宮筋腫は小さくなります」と、ご本人の感想を結んでいます。

あと一週間この講座と出会うのが遅かったら Kさん 40代 事務所員

 人間ドックの検査で貧血の指摘と子宮筋腫が見つかりました。婦人科に通いお薬を処方されたり整体を試したりしましたが、経血量は増え、子宮筋腫も大きくなっていきました。

 

 旅行など、生活に支障をきたすようになり、手術による子宮筋腫摘出を勧められましたが、メールに励まされながら「14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座」を始めたところ、ホルモンについての知識が目からうろこの状態になりました。

 

 10日ほど早く生理がありましたが信じられないほど軽く、血の塊もいつもの4分の一くらいに。さらに便通がよくなり体重も減りました。筋腫が小さくなった感触があり、これからの変化が楽しみです。

筋腫を切った2年後に、また筋腫が出来てショックを受けていたSさん

 

 6年前から筋腫に悩まされ、出血が多く貧血状態になるため、日帰り手術やホルモン療法を受けてきましたが、一時的に回復するものの2年後には同じ状態になってしまいました。精神的にもダメージを受け、なんとか状況を打開したいと自分でネットの情報を調べたりているうちに続木先生のレッスンを知りました。

 

 当初半信半疑で、騙されたらどうしようと言う不安もありましたが、考える前に、本気で治したいのだから試してみよう!という気持に切り換え、レッスンを開始しました。

 

 続木先生から送られてくるメールに励まされながら、食事、栄養、精神、運動したことを毎日ノートに記録していきました。続けていくと、食生活や舌の感覚が変わり、添加物が入っているものがわかるようになるなど、カラダが敏感に変化していくのを実感しました。

 

 レッスンを始めてからの生理は出血量が激減し、それまではおむつのようなナプキンが必要なくなりました。生理中の出血を心配しなくていいと思うと、精神的にも生まれ変わったように楽になりました。有り難うございます!!

筋腫を子宮ごと切った後に、生理痛、PMSの症状  Mさん 静岡県

 8pの子宮筋腫で子宮を摘出したにもかかわらず、その後1年経っても生理痛のような腰痛や腹痛、PMSのめまい、イライラ感、下痢、頭痛で悩まされていました。

 

 そんなとき続木先生の14日間!子宮筋腫改善・通信講座を知り、子宮摘出した人でも体調改善することができるとのことで購入し実践しました。

 

 2ヶ月が過ぎた段階で、予想外にも花粉症が改善され、マスクなしでいられることと、洗濯物もお日様に干すことが出来ます。また食費が大幅に減りました。それまで如何に身体に良くない余分なものを買っていたことに気がつきます。

 

 あるとき化粧無しで実家に帰ったところ母から「なんだか肌が明るくなった」と言われました。子宮筋腫改善講座に出会え感謝しています。

トップへ戻る