続木和子 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座

卵巣のう腫に関する一般常識

卵巣のう腫の原因

 

 卵巣のう腫を引き起こす原因は、残念ながら医学界でも未だにはっきりとした原因を突き止めるに至っていないのが現状です。

 

 しかし、一説にはストレスが関係しているのではないかと言われており、日ごろからの生活習慣に気をつけることが大事になってきます。

 

 卵巣に出来る腫瘍のことを「卵巣のう腫」と言います。腫瘍と聞いて「ガン」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、卵巣のう腫のほとんどは良性です。

 

 また、卵巣のう腫を発症したからと言って卵巣を摘出しなければいけないわけではありませんし、卵子をのこしたまま治療を行うことも可能なのです。

 

 現代は、ストレス社会と言われるほどに息苦しい環境が蔓延してしますが、その中でも自分の楽しみを見つけて心のリフレッシュを心がけるようにしましょう。

 

 女性が子供を作る上で必ず必要になるのは「卵子」です。卵子は「卵巣」に蓄えられることはご存じのことでしょう。

 

 卵巣は女性特有の臓器であり、妊娠を望むのであれば必ず大事にしなければいけない臓器の一つです。

 

 しかし、卵巣は他の臓器と比べてとても腫瘍が発症しやすい臓器でもあり、妊娠しにくい原因の一つとして、卵巣に異常がある疑いを持つ必要があります。

 

卵巣のう腫の症状

 

 一般的な卵巣のう腫の主な症状としては、初期の段階ではほとんど自覚症状が表れることがありませんので、異常に気づくことが遅れがちです。

 

 卵巣に腫瘍が発症した場合の80%が「卵巣のう腫」と言われ、残りは「充実性腫瘍」と呼ばれています。卵巣のう腫の場合はほとんどが良性で、症状にもよりますが、卵巣摘出を行わずに治療が可能です。

 

 しかし次第に進行し、「のう腫」が肥大してくると、下腹部あたりを触った時に違和感を感じるようになります。触れて違和感を感じるまでにのう腫が肥大してくると、下腹部に痛みを感じたり、腰痛を引き起こしたり、頻尿や便秘といった症状も表れていきます。

 

 卵巣のう腫に限らず、女性特有の病気のほとんどが、症状が重くなると女性として大事な個所を切除しなければいけなくなり、その後の生活に大きな支障を来してしまう恐れがあります。

 

 女性には卵子を蓄える臓器“卵巣”があります。卵巣は女性特有の臓器であり、子供を作る上でとても重要な役割を持っています。

 

 しかし、卵巣は腫瘍が発症しやすいと言われており、もしも腫瘍を発症した場合は不妊になりやすくなる可能性があります。

 

 日ごろから自身の体の声に耳を傾けて、健康に気をつけるようにしましょう。

 

子宮筋腫と卵巣のう腫の違い

 

 女性特有の病気の中に、子宮筋腫と卵巣のう腫という病気があります。

 

 子宮筋腫と卵巣のう腫の違いは、子宮に出来た腫瘍が良性の場合を子宮筋腫、卵巣に出来た腫瘍が良性の場合を卵巣のう腫とよんでいます。

 

 また、子宮に出来た腫瘍が悪性の場合は子宮がん、卵巣に出来た腫瘍が悪性の場合を卵巣がんと言いますので、こちらも合わせて覚えておくと知識が整理されます。

 

 子宮筋腫を発症した場合の主な症状は、月経過多・不正出血・月経痛・下腹部のシコリや膨らみ・頻尿・便秘・排尿痛・流産・不妊などがあります。

 

 下腹部のシコリや膨らみの症状以外は、正常な女性にも普通に起こりうることなので、日常生活の中で子宮筋腫の疑いを見つけるこは難しいかもしれません。

 

 卵巣のう腫を発症した場合の主な症状としては、下腹部のハリ・下腹部の痛み・腰痛・頻尿・便秘などがあります。

 

 卵巣のう腫の症状も、日常の中で起こりうることなので、なかなか卵巣ののう腫の疑いを見つけることは難しいです。

 

 女性の体はとてもデリケートに出来ていますから、日ごろから定期健診を行い、自身の体の健康に気をつけることが大切です。

 

チョコレートのう腫

 

 チョコレートのう腫が発症する原因は、子宮内膜症により生理が来るたびに出血を起こし、卵巣内に血液が溜まり続けることにより発症します。

 

 古い血液の塊が「のう腫」のように見えるため、チョコレートのう腫と呼ばれるようになりました。

 

 ここで、チョコレートのう腫特有の症状を覚えて、自身の健康管理に役立てましょう。

 

 「チョコレートのう腫」という甘いネーミングに、大した病気ではないだろうと思われるかもしれませんが、実はこのチョコレートのう腫は卵巣のう腫の一種になります。

 

 症状が悪化すれば女性にとって大事な卵巣を切除ということにもなりかねない、怖い病気です。

 

 症状の特徴としては、月経痛が年々酷くなっていく、月経痛の時期以外にも下腹部に痛みを感じたり腰痛が発生したりする、排便の時に酷い痛みを感じる、不妊の傾向がある、といった場合はチョコレートのう腫の可能性があるため、すぐに最寄りの婦人科に相談をするようにしましょう。

 

 チョコレートのう腫は気付かすにほうっていたり、ただの腹痛だと気にせずにいますと、卵巣がんを引き起こしかねませんので、注意を要します。

 

 卵巣がんになりますと、ほとんどが手遅れのケーが多いため、命の保障はないのが実態です。

 

 ですから、大事に至る前に健康な体を取り戻すためにも、少しでも異変を感じたら医師に相談するようにしましょう。

 

 

卵巣のう腫と腹痛

 

 卵巣のう腫によって腹痛を引き起こす原因としては、卵巣に出来た腫瘍が肥大化したことにより、腸などの臓器を圧迫することがあげられます。

 

 ですので、女性の場合腹痛に襲われた場合は、単なる食あたり以外のこともありますので、慎重に対処しなければなりません。

 

 卵巣のう腫とは、卵子を蓄えておくための臓器“卵巣”に腫瘍が出来る病気のことです。

 

 しかし、腫瘍といっても卵巣のう腫の場合は良性であることが多く、必ずしもガンであるとは限りません。

 

 卵巣は腫瘍が発症しやすいという特徴を持ちながら、自覚症状を感じにくいという厄介な特徴も併せ持っています。

 

 そのため、初期の段階では痛みなども感じることがないので、卵巣のう腫を患っていることに気づかないケースが多いです。

 

 自覚症状が表れる頃には、腫瘍もかなり肥大しているケースも多く、手術が必要になある恐れもあります。しかし、卵巣のう腫は症状が初期の段階であれば、メスを入れずに済む場合がほとんどです。

 

 日ごろから自分の体の健康に気をつけて、規則正しい生活を行い、病気をしない体作りを心がけましょう。

 

卵巣のう腫と湿疹

 

 女性に多く発症する病気に卵巣のう腫があります。卵巣のう腫とは卵巣に腫瘍が出来る病気のことなのですが、ほとんどが良性のケースが多く、治療や手術によって治すことが出来ます。

 

 卵巣のう腫が進行するに伴い、卵巣が大きく膨れるため卵巣以外の臓器を圧迫する恐れがあります。万が一、他の臓器を圧迫する程に大きくなれば、腰痛を伴ったり、便秘やひん尿を引き起こします。また、臓器を圧迫したり便秘になることから、新陳代謝も悪くなり、お肌に湿疹が現れることもあります。

 

 卵巣のう腫は卵巣自体に問題を起こすだけでなく、体のいろんなところに異常を来たす病気なのです。卵巣は女性ホルモンバランスを安定させる上でも必要な臓器です。そのため、卵巣のう腫により卵巣に異常が出ることで、体調を崩してしまう恐れもあります。

 

 卵巣のう腫は初期症状がわかりにくいと言われていますが、日ごろから自分の体の体調に気を配っていれば少しの異変にも気づくことが出来ます。もしも、普段と何か違うと感じた場合は、そのままほおっておかずに婦人科の病院で一度診てもらうようにしましょう。早期発見により、大事に至らずに済むかも知れません。

卵巣のう腫と不妊

 

 卵巣に腫瘍が出来る“卵巣のう腫”という、女性特有の疾患があります。卵巣のう腫の多くは良性の腫瘍のため、ガンのように命の危険を伴うことは少ないのですが、まれに悪性腫瘍である充実性のう腫を発症する場合もあります。

 

 卵巣のう腫は良性の場合も、悪性の場合も初期の頃はほとんど自覚症状らしきものが表れないため、卵巣のう腫を患っていることに気がつきません。だいたい握りコブシ程の大きさまで膨れた時に下腹部に違和感を感じたり、便秘や頻尿などの症状が表れます。

 

 卵巣のう腫の多くは他の病気の診察を行った時に見つかるケースが多く、それまで自分が卵巣のう腫を患っていることに気がつきません。そのため、卵巣のう腫に気がついた時には手遅れになっている場合も多く、その場合は卵巣の一部、また2つある方の片側を切除しなければいけなくなってしまいます。

 

 もしも、卵巣のう腫が肥大していたり、片方を切除するようなことになれば、不妊の原因になる可能性もあります。卵巣のう腫のような初期症状の乏しい疾患は、定期健診を心がけることによって予防することができます。

 

 女性の体は男性の体と違ってデリケートに出来ているため、最低でも、年に一回は検診を受けるようにしましょう。

漿液性(しょうえきせい)卵巣のう腫

 

 女性の体には卵子を託割れるために必要な卵巣と言う臓器があります。子供を望む女性にとってはとても大事な臓器の一つです。しかし、子孫繁栄のために欠かせない臓器であるにも関わらず、卵巣は腫瘍が出来やすい臓器なのであります。

 

 卵巣に腫瘍ができる主な疾患に卵巣のう腫があります。卵巣のう腫の場合は良性のモノが多く、ほとんどの場合がガンに発展することは無いのですが、症状がひどくなっても放置を続けていると卵巣ガンを引き起こす可能性もあるため、油断は出来ません。

 

 また、卵巣のう腫を患った場合は不妊に陥りやすくなる傾向もあります。卵巣のう腫にはいくつか種類があるのですが、その中でも多く発症する卵巣のう腫が“漿液性線腫”です。漿液性線腫の特徴としては、卵巣内にサラっとした液体が溜まります。形は丸い球形で、中に液が溜まっているので縮小していきません。そのため、腹腔鏡手術を用いて治療する場合がほとんどです。

 

 あまりにも症状がひどい場合は開腹手術を必要とする場合もあります。卵巣のう腫は女性であればだれでも発症する可能性のある病気です。日ごろから健診を行って健康に気を付けるようにしましょう。

卵巣のう腫と腹腔鏡手術

 

 女性の誰もが気をつけなければいけない病気“卵巣のう腫”。卵巣のう腫は初期症状がほとんど表れない恐ろしい病気です。

 

 一般的には卵巣のう腫のほとんどが良性のため、命の危険性はあまりないと言われていますが、症状が悪化すれば手術も余儀なくされるため、体への負担が大きくなりますし、また、卵巣ガンへと発展する場合もあります。卵巣のう腫はそれほど恐ろしい病気であると考えておいた方がいいでしょう。

 

 卵巣のう腫の手術には主に腹腔鏡手術が行われます。腹腔鏡手術の場合は開腹手術よりも回復が早いため、普段の生活に早く戻ることが出来るメリットがあります。

 

 しかし、病院の中には腹腔鏡手術を行える医師を抱えていないため、開腹手術を行う場合もあります。卵巣のう腫の症状のレベルに応じて開腹手術を行うこともあり得るのですが、医師からの詳しい説明もなしに開腹手術を勧められた場合は、腹腔鏡手術を行うことのできる医師を抱えている病院でも診てもらうことをオススメします。

 

 卵巣のう腫は初期症状に気付きにくい分、普段から健診を行って対処するしかありません。自分の体は自分しか守れないということを、良く肝に銘じておきましょう。

卵巣のう腫の食事療法

 

 婦人病の中には、卵巣に関する病気が多くあります。その理由は、卵巣は腫瘍が出来やすい臓器であるためです。

 

 卵巣に異常が出る病気の中で多いのが“卵巣のう腫”です。卵巣のう腫のほとんどは良性と言われていますが、症状の進んだのう腫の場合、手術により卵巣の一部を摘出しなければいけない自体に陥る可能性もあります。

 

 実際、卵巣のう腫の初期症状は自覚症状がほとんど表れないため、気づいた時にはのう腫が肥大化しており、手術が必要な場合が多いです。卵巣は女性ホルモンのバランスを維持するためにも必要な臓器であり、片方でも摘出すればそのあとの体調に何らかの異変が生じるようになるでしょう。

 

 そうならないためにも、年に一回は健診を受けるようにしてください。卵巣のう腫の様な婦人病の予防にはビタミンEが効果的と言われています。ビタミンEを多く含む食材には、魚のイワシやたらこ、モロヘイヤやカボチャ、ウナギなどがあります。

 

 ビタミンEを過剰に摂り過ぎると、血液が固まりにくくなるのでケガをしたときに大変になる可能性があります。何事もほどほどが大事ですので、バランス良く摂取するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ